青簾(あおすだれ、あをすだれ)三夏

【子季語】
竹簾、菅簾、板簾、伊予簾、半簾、簾売
【解説】
青竹を用いて編まれた簾。おろしたての新しい簾は、その色もさ ることながら、香りまで漂ってきそうた。

*

青簾いずれの御所の賀茂詣 
其角 「けふの昔」

よく答ふ若侍や青簾
太祗 「太祗句稿」

うら表おもてはわきて青簾 
白雄 「白雄句集」

身一ツや死なば簾の青いうち 
一茶 「文化句帖」

ほろほろと雨吹きこむや青簾 
正岡子規 「子規句集」

萱町や裏へまはれば青簾
正岡子規 「子規句集」

青簾娘をもたぬ家もなし
正岡子規 「子規句集」

家壊えて仮の一間の青簾
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。