えごの花(えごのはな)仲夏

【子季語】
山苣の花、えご
【解説】
山野に自生する落葉高木。五月から六月頃、枝先に白い小鈴のよ うな五弁花が群れ咲く。地面に散った様も美しく風情がある
【科学的見解】
エゴノキは、北海道から沖縄まで広く分布し、丘陵地や山地などに生育している。花が美しいため、公園木や庭木などに利用されている。近縁種としては、ハクウウンボクやコハクウンボクが挙げられる。(藤吉正明記)

えごの花かかりて蜘蛛の糸見えず
松本たかし 「松本たかし句集」

もの言はぬ餉のならひかもエゴの花
石橋秀野 「桜濃く」

蛙早流転の調べえごの花
川端茅舎 「華厳」

えごの花一切放下なし得るや
石田波郷「惜命」

コメントは受け付けていません。