竹煮草(たけにぐさ)晩夏

【子季語】
竹似草
【解説】
ケシ科の大形多年草。丈は二メートルにも達する。山野の日当た りのよい場所に自生し、葉裏も茎も白っぽく、茎の頂に白色の、 時には赤みを帯びた小花をつける。果実は莢状にたれて、風に揺 れると音を立てることから、ささやき草とも呼ばれる。

*

馬飼ひも馬柵して住めり竹煮草
前田普羅 「新訂普羅句集」

コメントは受け付けていません。