昆布(こんぶ)晩夏

【子季語】
ひろめ
【解説】
岩礁に着生する褐色の大きな海草。夏に船で沖まで出て刈り取っ たり、浅瀬で引いたりする。浜辺で乾燥させ、食料や調味料に利 用する。
【科学的見解】
昆布類は、コンブ科コンブ属の褐藻類であり、複数種が含まれている。マコンブは、北海道函館を中心に分布し、調味料や菓子などに利用されている。その変種としては、リシリコンブが挙げられ、北海道利尻島を中心に分布し、高級昆布として知られている。その他、ミツイシコンブ(別名:日高昆布)やオニコンブ(別名:羅臼昆布)など、北海道周辺に有用昆布類が分布している。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。