射干(ひおうぎ、ひあふぎ )晩夏

hiougi
【子季語】
檜扇、うばたな、烏扇
【解説】
本州西部から九州に分布し、山地の原野に生育する。太い根茎を もち、長さ三十~四十センチ、幅約三センチの剣状の厚い葉が檜 扇のようになることから名づけられた。七、八月頃に朱橙色に赤 色斑のある花を咲かせる。花の直径は五、六センチ。ダルマヒオ ウギやフイリヒオウギなどの園芸品種もある。

コメントは受け付けていません。