定家葛の花(ていかかずらのはな、ていかかづらのはな)仲夏

【子季語】
真柝の葛
【解説】
キョウチクトウ科の蔓性常緑樹。葉は対生し、楕円で光沢がある。 花ははじめ白色で後に黄色に変り芳香がある。集散花序をなして 葉のわきにつき、四月から五月に咲く。地方によって別名が多く、 マサキノカズラ、イワツタ、ツルクチナシなどなど。

*

虚空より定家葛の花かをる
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。