太藺(ふとい、ふとゐ )三夏

【子季語】
大藺、青藺、唐藺、丸蒲、丸菅
【解説】
カヤツリグサ科ホタルイ属の多年草。湿地や沼などにに生える草で、 高さ一メートル半くらいになる。夏、茎の先に茶色の小さな花穂を たくさんつける。筵を織るために刈られるほか、観賞用にも栽培さ れる。

*

太藺散る水平らかや水馬
島村元 「島村元句集」

青嵐に花もつれたる太藺かな
島村元 「島村元句集」

コメントは受け付けていません。