紅蜀葵(こうしょっき)晩夏

kousyokuki【子季語】
もみぢあふひ
【解説】
北アメリカ東部、ジョージア、フロリダなどに野生する多年草で、 二メートル以上になる。葉が掌状に深く裂け、花は直径十五セン チくらいの赤色五弁。一日花である。秋には茎が枯れてしまうが、 翌年、またその根から二メートルくらいの茎を伸ばして花を咲かせる。

*

紅蜀葵眞向き横向きはなやかに
鈴木花蓑 「ホトトギス雑詠選集」

紅蜀葵常住はだかなる昼を
臼田亜浪 「石楠」

コメントは受け付けていません。