鯰(なまず、なまづ)仲夏

【子季語】
梅雨鯰、ごみ鯰
【解説】
日本全土の沼や川にすむ淡水魚。背は黒っぽく、腹は白い。体表 はぬるぬるしていて鱗はなく、口に四本のひげがある。美味だが、 現在は一般に食べる人は少ない。産卵期は五、六月。

*

藻の花に鯰押へし夜振哉
正岡子規 「季語別子規俳句集」

鯰の子己が濁りにかくれけり 
五十崎古郷 「古郷句集」

コメントは受け付けていません。