鯖(さば)三夏

saba【子季語】
鯖舟、鯖釣、鯖火
【解説】
近海で多く捕れる庶民的な魚。夜に火を焚いて漁をする。これを 鯖火といい、壮観である。生のものは傷みやすく、塩鯖やしめ鯖 にする。味噌煮、おろし煮など調理法が多い。

*

これのみは続もわびしや鯖の盆
路通 「茶の草子」

鯖釣やしらぬ火ならぬ浪のうへ
蝶夢 「草根発句集」

海中に都ありとぞ鯖火もゆ
松本たかし 「火明」

コメントは受け付けていません。