雨月(うげつ)仲秋

【子季語】
雨名月、雨夜の月、雨の月、月の雨
【解説】
中秋の名月が雨のために眺められないこと。名月が見られないの を惜しむ気持ちがある。

*

旅人よ笠嶋かたれ雨の月
蕪村 「蕪村句集」

雨の月どこともなしの薄あかり
越人 「曠野」

垣の外へ咲きて雨月の野菊かな
渡辺水巴 「水巴句集」

五六本雨月の傘の用意あり
日野草城 「昨日の花」

古都の上にさしわたりたる雨月かな
松本たかし 「野守」

コメントは受け付けていません。