烏瓜(からすうり)晩秋

karasuuri【子季語】
王瓜、王章
【解説】
ウリ科の多年草。山野に自生する蔓草。夏に白いレースのような 花を咲かせ秋に実をつける。実は卵形で、縞のある緑色から熟し て赤や黄に色づく。

*

竹藪に人音しけり烏瓜
惟然 「惟然坊句集」

まだき冬をもとつ葉もなしからす瓜
蕪村 「夜半叟句集」

くれなゐもかくてはさびし烏瓜
蓼太 「蓼太句集初編」

溝川や水に引かるる烏瓜
一茶 「文政九年句帖

行く秋のふらさがりけり烏瓜
正岡子規 「季語別子規俳句集」

夕日して垣に照合ふ烏瓜
村上鬼城 「鬼城句集」

枯れきつて中の虚ろや烏瓜
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。