牛膝(いのこずち、ゐのこづち)三秋

【子季語】
ふしだか、こまのひざ
【解説】
ヒユ科の多年草。平地によく見られる雑草。茎は四角形で節が太 い。小さな実には刺があって動物や人の衣服に付着し、払っても とれにくい。牛膝(ごしつ)は漢名。根は生薬として用いられる。

コメントは受け付けていません。