軽鳬の子(かるのこ)三夏

【子季語】
軽鴨の子
【解説】
四月から七月にかけて産卵されるカルガモの子供。色は大体褐色。 湖沼、河川、池など淡水の水辺におり、都市の公園などでも見る ことが出来る。成長した小鴨が親鴨の後をよちよち歩く姿は愛ら しい。

*

かるの子のひとり出て行く小浪かな
暁台 「几菫句稿」

かるの子や首さし出して浮藻草
惟然 「惟然坊句集」

萍にかるの子遊ぶ汀かな
百明 「故人五百題」

軽鳬の子が飛ぶなり旅の能登の海
田村木国 「大月夜」

軽鳧の子もはばたくやうなことをして
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。