稲架(はざ)仲秋

【子季語】
はざ、稲木、稲城、田母木、稲棒、はさ木、田茂木
【解説】
刈り取った稲の束を乾燥させる為の木組み。二、三メートル毎に 立てた棒に竹や丸太の横木を渡したもの。稲の束をその横木に跨 がせるようにしてかける。畦道に植えた榛の木などを利用すると ころもある。

*

象潟や稲木も網の助杭
言水 「初心もと柏」

稲架かけて飛騨は隠れぬ渡り鳥
前田普羅 「普羅句集」

コメントは受け付けていません。