色変へぬ松(いろかえぬまつ、いろかへぬまつ)晩秋

【解説】
晩秋に樹々が紅葉、落葉しても松は美しい緑の色を保っている。

*

色かへで空をさしけり松の針
嘯山 「葎亭句集」

神代より色替へぬかな松と浪
一茶 「寛政句帖」

色変へぬ松を土産や小倉山 
芙雀 「淡路島」

色変へぬ松にかたまる日和哉
祐昌 「芭蕉袖草集」

色変へぬ松や主は知らぬ人
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。