月夜茸(つきよたけ)三秋

【解説】
ハラタケ目キシメジ科の毒キノコ。かさは半円形、幅十~二十五センチ、厚さ一~二センチで大型肉厚、無味無臭、暗い所に置くとひだが青白く発光する、日本で一番中毒が多い。

月夜茸山の寝息の思はるる
飯田龍太 「月の影」

コメントは受け付けていません。