今川焼(いまがわやき、いまがはやき)三冬

【子季語】
太鼓焼、巴焼、義士焼、今川焼屋
【解説】
鉄板の型に小麦粉と卵を溶いた生地を流し、小豆餡を入れて焼いた太鼓型の菓子。江戸神田今川橋付近で売り出されたのでこの名前がある(当時の製法は不明)。。

コメントは受け付けていません。