鮑(あわび、あはび)三夏

【子季語】
鰒、鮑取
【解説】
ミミガイ科の巻貝の内、大型のものをいう。貝殻は丸い形で身は厚い。生食、酒蒸し、煮物等にして食べる。乾燥したものは中国料理の材料として貴重。

*

鮑取の嘯キ岩に振ふかな
石井露月 「露月句集」

海底も富士の裾野や鮑とる
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。