目高(めだか)三夏

medaka02【子季語】
緋目高、白目高
【解説】
メダカ目メダカ科の淡水魚、長さは二、三センチ。小川や池、水田につながる水路などに群れをなして生息している。

*

笹の葉に目高の鼻の流れよる
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。