小寒(しょうかん、せうかん)晩冬

【解説】
二十四節気のひとつ、陰暦十二月の節で冬至の後十五日、太陽暦の一月五日頃に当たる。寒の入りの日で寒さが本格化してくる。

*

小寒や枯草に舞ふうすほこり
長谷川春草 「春草句帖」

コメントは受け付けていません。