火事(かじ、くわじ)三冬

【子季語】
山火事、火の見櫓、火事装束、大火、遠火事、昼火事、近火、火事跡半鐘台、火の見番
【解説】
家、船、山林などが焼けること。冬は空気が乾燥し強風の日が多く、また防寒のためにストーブや炬燵等火気を使うので火事が多くなる。

*

三度火事に逢うて尚住む神田かな
岡本松浜 「新春夏秋冬」

遠火事に物売り通る静かかな
富田木歩 「定本木歩句集」

月西に大火下火となりにけり
小沢碧童 「続春夏秋冬」

人知らぬ静かな火事を見てゐたり
久米三汀 「返り花」

コメントは受け付けていません。