炭火(すみび)三冬

【子季語】
炭頭、跳炭、走炭、燻り炭、尉、おこり炭
【解説】
火鉢、炬健、七輪などでおこす炭の火である。現在ほど多くの暖房機器が普及していない頃は、暖をとるのに炭火はかかせなかった。火鉢を囲む家族団欒には人の温かみがあった。

*

炭の火に峯の松風通ひけり
一茶 「九番日記」

松の木の枝うつりする炭火かな
惟中 「俳諧三部抄」

ものおもひ居れば崩るる炭火かな
樗堂 「萍窓集」

或夜半の炭火かすかにくづれけり
芥川龍之介「我鬼句抄補遺」

コメントは受け付けていません。