霜夜(しもよ)三冬

【解説】
晴れた寒気のきびしい夜に、霜は降りる。家にいても、しんしんと寒さがつのる。夜空には星が澄んで見え、一段と輝きをましている。こんな霜の降る夜のことである。

*

霜の夜にかさなり行くや雁の声
丈草 「枇杷園随筆」

我骨のふとんにさはる霜夜かな
蕪村 「遺草」

霜満つる夜ただ樟の匂ひかな
暁台 「暮雨港句集」

ほんのりと茶の花くもる霜夜哉
正岡子規 「子規句集」

もうもうと霜夜に烟る煙出し
村上鬼城 「定本鬼城句集」

朴の月霜夜ごころにくもりけり
原石鼎 「花影」

霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び
加藤楸邨「起伏」

大勢に一人別るる霜夜かな
松本たかし 「俳句文学全集」

コメントは受け付けていません。