紙漉(かみすき)三冬

【子季語】
寒漉、紙干す、紙干場、紙漉女
【解説】
三椏・楮などの樹皮を水に漬けたり、煮たりして繊維をとりだす。その溶解した紙料を手動の道具で漉く、和紙をつくる工程の一つである。樹皮を雪に晒すのは山間部の風物詩である。

*

紙漉や初雪ちらりちらり降る
正岡子規 「子規句集」

紙漉のはじまる山の重なれり
前田普羅 「普羅句集」

夕ぐれておのが紙漉く音とゐる
長谷川素逝 「素逝句集」

コメントは受け付けていません。