出雲大社新嘗祭

いずもおおやしろにいなめさい、いづもおほやしろにひなめさい
初冬
【子季語】
古伝新嘗祭
【解説】
例年十一月二十三日出雲大社で行われる古伝新嘗祭のこと。出雲の国造がその年の新穀を神前に供え、自らも口にし、天下泰平、五穀豊穣を祈念する出雲大社の最も重要な祭儀。

コメントは受け付けていません。