暖か(あたたか) 三春

【子季語】
ぬくし、ぬくとし、春暖、あたたかし、あたたけし
【関連季語】

【解説】
暑くも寒くもないほどよい温度。冬の寒さを越えてきた身には、暖かさは体で感じるばかりでなく、心にも大きく働く。四季の体感温度をあらわす季語として、夏の「暑し」、秋の「冷やか」、冬の「寒し」に相応する。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

この雨はあたたかならん日次かな
其角 「勧進牒」

けふといふ今日この花のあたたかさ
惟然 「菊の香」

あたたかな雨がふるなり枯葎
正岡子規 「子規句集」

暖かや飴の中から桃太郎
川端茅舎 「川端茅舎句集」

石蹴りの筋引いてやる暖かさ
臼田亜浪 「亜浪句鈔」

コメントは受け付けていません。