干菜吊る(ほしなつる)初冬

【子季語】
懸菜、吊菜、干菜、干葉
【解説】
晩秋から初冬にかけて軒下などに蕪や大根の葉を干して保存食材とする。その葉の部分を干菜といい、味噌汁の具などにする。また体を温めることから風呂に入れたりもした。

*

みのむしの掛菜を喰らふ静さよ
白雄 「白雄句集」

程あらで掛菜にむつき干す家かな
白雄 「白雄句集」

里侘しかけ菜が下のつり階子(はしご)
白雄 「白雄句集」

鶯に藪の懸菜のにほひかな 
太祗 「太祗句選後編」

ひよ鳥のちよこちよこ見廻ふかけ菜かな 
一茶 「九番日記」

コメントは受け付けていません。