春火鉢(はるひばち)三春

【子季語】
春火桶
【解説】
冬中愛用されてきた火鉢が春なお置かれてあるのをいう。春先には火の恋しくなる日がある。そんな折、火桶に手をかざし温めるのもなかなか捨て難い風情がある。   

コメントは受け付けていません。