秋の昼(あきのひる)三秋

【子季語】
秋真昼
【解説】
大気が澄み、秋の気配の濃くなってきた頃の昼間をいう。木立の影、日溜りなどにも秋特有の色がにじみ出る。
*

秋の昼妻の小留守をまもりけり 
日野草城 「旦暮」

木々曇り秋昼の楽うらながし
日野草城 「旦暮」

不動明王女われゐて秋まひる
石橋秀野 「桜濃く」

流れ来し蔓草に花秋の昼
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。