橡の実(とちのみ)晩秋

【子季語】
栃の実
【解説】
【解説】
栃の木の実。丸く厚い三裂する殻の中に栗に似た種がある。縄文時代から食用にしてきた。丹念にあく抜きする必要がある。今も栃餅や栃の実煎餅などにして食す。
【科学的見解】
トチノキは、北海道西南部から九州の低山渓流沿いに分布する落葉樹である。果実は大きく、昔から食用として利用されてきた。近縁種としては、果実表面に刺のあるセイヨウトチノキが存在し、稀に街路樹や公園木として植栽されている。(藤吉正明記)

木曽の橡浮世の人の土産かな 
芭蕉 「更科紀行」

うらやまし君が木曽路の橡の粥
路通 「薦獅子集」

橡の実や幾日ころげて麓まで
一茶 「発句題叢」

栃老いてあるほどの実をこぼしけり
前田普羅 「飛騨紬」

栃の実のつぶて颪や豊前坊 
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。