鉢叩(はちたたき)仲冬

【子季語】
空也念仏、空也和讃
【解説】
十一月十三日の空也忌から大晦日までの四十八日間、空也堂の僧が洛中洛外を巡り歩いた空也念仏のこと。瓢、鉢、鉦を叩き鳴らし、和讃や念仏を唱えた。

*

われが手で我が顔なづる鉢たたき
鬼貫 「仏の兄」

長嘯の墓もめぐるか鉢たたき 
芭蕉 「いつを昔」

裏門の竹にひびくや鉢たたき
丈草 「泊舟集」

山彦をつけてありくや鉢たたき
千代女 「千代尼句集」

京中にこの寂しさや鉢叩き
蝶夢 「草根発句集」

ゆふがほのそれは髑髏か鉢たたき
蕪村 「其雪影」

墨染の夜のにしきや鉢たたき
蕪村 「夜半叟句集」

鉢叩き月下の門をよぎりけり
闌更 「半化坊発句集」

川ぞひや木履はきたる鉢叩き
白雄 「白雄句集」

コメントは受け付けていません。