煤籠(すすごもり)暮

【子季語】
煤逃
【解説】
新年を迎えるにため一年の煤を払うとき、その仕事の出来ない老人や子供、病人などが邪魔にならないように、また埃をさけるために別室に籠ること。

*

としどしや二人の親の煤こもり
米居 「五車反古」

老夫婦鼻つき合せ煤籠り
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。