剪定(せんてい)初春

【解説】
林檎、梨、桃、などの果樹の結実をよくするため、芽の出る前に枝を刈り込むこと。この作業によって風通しや日当りが良くなる。

コメントは受け付けていません。