二輪草(にりんそう、にりんさう)晩春


【子季語】
鵝掌草
【解説】
キンポウゲ科の多年草。一輪草の仲間だが、十センチほどと小さい。山野の陰地に群生する。一本の茎に二つの花をつけるところからこの名がある。

nirinsou

コメントは受け付けていません。