湯婆(たんぽ)三冬

【子季語】
湯たんぽ、懐中湯婆
【解説】
寝床や手足を温めるための器具。熱湯を入れて毛布などで包み、寝床に入れる。柔らかな温かさと、火の用心からも安全なので、老人、小児、病人に向いている。

*

起さるる声も嬉しき湯婆かな
支考「枯尾花」

寝がへりに音をあやしむ湯婆かな
嘯山「葎亭句集」

勤行に起き別れたる湯婆かな
太祇「太祇句集」

先づよしと足でおし出すたんぽかな
一茶「七番日記」

我恋は夜ごと夜ごとの湯婆哉
一茶「文政句帖」

なき母の湯婆やさめて十二年
夏目漱石「漱石全集」

生涯のあはたゞしかりし湯婆かな
村上鬼城「定本鬼城句集」

寂寞と湯婆に足をそろへけり
渡辺水巴「水巴句集」

湯婆やまだなきがらの足もとに
長谷川櫂「虚空」

コメントは受け付けていません。