五月富士(さつきふじ)仲夏

【子季語】
皐月富士
【解説】
旧暦五月、雪も消えて夏の大地に悠然と聳え立った富士山である。日々緑が濃くなる周囲の景色ともあいまってその姿は雄渾で清々しい。

*

目にかゝる時やことさら五月富士
芭蕉「芭蕉翁行状記」

出て見せつ隠れつ雲の皐月不二
鳥酔「夏山伏」

コメントは受け付けていません。