吊忍(つりしのぶ)三夏

【子季語】
釣忍、軒忍
【解説】
忍はウラボシ科の羊歯植物である。緑が美しく涼しげである。根茎を丸くたばね水苔でおおう。これをしのぶ玉という。風鈴を下げて軒下に吊るし水をやり涼しさを楽しむのである。夏の風物詩として江戸中期より親しまれてきた。

*

忍ぶ鈴軒に寄り添ふ女かな
闌更「半化坊発句集」

人知れず暮るる軒端の釣忍
日野草城「花氷」

仰ぎゐるわれも暮れゐる釣忍
森澄雄 「天日」

市なかに深山はあり吊忍
長谷川櫂「蓬莱」

コメントは受け付けていません。