春の宵(はるのよい、はるのよひ)三春

【子季語】
春宵、宵の春
【解説】
春、日暮れて間もないころのこと。また、「春宵一刻値千金」という有名な詩句は夜に入って間もないころの優雅なひとときをいう。

*

公達に狐化けたり宵の春
蕪村「蕪村句集」

筋違にふとん敷きたり宵の春
蕪村「蕪村句集」

肘白き僧のかり寝や宵の春
蕪村「蕪村句集」

漏る雨を人と語るや春の宵
太祇「太祇句選後篇」

寝よとすれば門叩くなり春の宵
正岡子規「季語別子規俳句集」

紫の灯をともしけり春の宵
正岡子規「季語別子規俳句集」

春宵の灰をならして寝たりけり
原石鼎「花影」

春の宵妻のゆあみの音きこゆ
日野草城「旦暮」

コメントは受け付けていません。