零余子(むかご)三秋

【子季語】
ぬかご、いもこ、零余子とり、珠芽
【解説】
自然薯、長薯、つくね薯などの蔓や葉が黄ばむ頃、葉腋にできる肉珠をいう。珠芽ともいう。緑褐色の粒であるが、大きさも形も色もさまざまである。茹でたり飯に炊き込んでむかご飯にしたりする。熟れてくるとほろほろこぼれ落ちる。

*

きくの露落て拾へばぬかごかな
芭蕉「芭蕉庵小文庫」

笹竹の窓にはひこむぬかご哉
才麿「暁山集」

さむしろやぬかご煮る夜のきりぎりす
北枝「北枝発句集」

うれしさの箕にあまりたるむかごかな
蕪村「蕪村句集」

ほろほろとむかご落ちけり秋の雨
一茶「文化句帳」

むかごもぐ稀の閑居を訪はれまじ
杉田久女「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。