隙間風(すきまかぜ)三冬

【子季語】
ひま洩る風
【解説】
障子や戸の隙間から入ってくる冷たい風のこと。隙間に目張りをしてこれを防いだりする。身にしみる風である。

*

ほのゆるる閨のとばりは隙間風
杉田久女「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。