舞茸(まいたけ、まひたけ)晩秋

【子季語】
黒舞茸、白舞茸
【解説】
サルノコシカケ科のキノコ。食用として馴染み深く、天然のものはまことに貴重である。見つけた人が舞踊らんばかりに喜ぶことからその名がついたと言われている。また、その姿形が舞っているようなのでその名になったという説もある。近年では栽培されて、四季を通して食することができる。

コメントは受け付けていません。