年守る(としまもる)暮

【子季語】
としもる、守歳
【解説】
大晦日の夜眠らずに夜明かしをして年が明けるのを待つこと。過ぎてゆく年をしずかに見守りながら新しい年を迎える。

コメントは受け付けていません。