秋袷(あきあわせ、あきあはせ)仲秋

【子季語】
後の袷、秋の袷
【解説】
秋に着る袷。秋涼から秋冷にいたれば夏の袷とは自然、趣もことなり、色合いや生地も秋らしいものになる。

*

相撲取のもみ裏染めし秋袷
許六「篇突」

つゝましや秋の袷の膝頭
前田普羅「普羅句集」

秋袷ひとの命に間に合はず
長谷川櫂「蓬莱」

コメントは受け付けていません。