種浸し(たねひたし)晩春

【子季語】
種かし、種浸ける、種浸け、種ふせる、籾つける
【解説】
苗代に蒔く籾種を、俵やかますにいれたまま、発芽を促すため二週間程水に浸すこと。米つくりの中でも大切な作業。

*

種かしや太神宮へ一つかみ
其角「五元集」

籾ひたす池や極まる志摩二郡
荷兮「曠野後集」

種ひたす池うち匂ふ日和かな
可云「新類題発句集」

古河の流引きつつ種ひたし
蕪村「連句会草稿」

コメントは受け付けていません。