初時雨(はつしぐれ)初冬

【解説】
その年の冬の初めての時雨。冬になってしまったという気持ちが、この季語には込められている。
*

旅人と我名よばれん初しぐれ
芭蕉「笈の小文」

初しぐれ猿も小蓑をほしげなり
芭蕉「猿蓑」

雷落し松は枯野の初しぐれ
丈草「丈草発句集」

初しぐれ眉に烏帽子の雫かな
蕪村「蕪村句集」

繋がれし馬の背高し初しぐれ
蝶夢「草根発句集」

絶壁に吹き返へさるる初時雨
前田普羅「定本普羅句集」

コメントは受け付けていません。