襟巻(えりまき)三冬

【子季語】
首巻、マフラー
【解説】
冬、首にまいて寒さを防ぐもの。毛織物、絹、毛皮などで作られる。現代ではファッション性を重視したものが多い。

*

襟巻の眼ばかりなるが走りよる
五百木瓢亭「瓢亭句日記」

襟巻につつみ余れる杣の顔
前田普羅「飛騨紬」

襟巻の中からのぞく野の夕日
前田普羅「定本普羅句集」

肩へはねて襟巻の端日に長し
原石鼎「花影」

コメントは受け付けていません。