障子(しょうじ、しやうじ)三冬

【子季語】
腰障子、明り障子、あずま障子、猫間障子、雪見障子
【解説】
採光を和らげたり湿度調節などのため、部屋の間仕切として用いた。杉などで木枠を作り桟を格子にはめて和紙を貼った日本建築独特のもの。

*

妻病めばひとつ障子のうちにこもる
長谷川素逝「素逝句集」

コメントは受け付けていません。