ポインセチア(ぽいんせちあ)仲冬

poinsetia

【子季語】
猩々木、クリスマスフラワー
【解説】
トウダイ草科の常緑低木。クリスマスが近くなると鉢物が花屋に出回り目をひく。十一~十二月頃に茎の上部の苞葉が赤やピンク、乳白色に変色して美しい。黄緑色の小さな花が苞葉の中心に咲くが目立たない。
【科学的見解】
ポインセチアは、ショウジョウボクとも呼ばれている。メキシコ原産の常緑低木であるが、低温になると落葉する。クリスマスローズ同様に、クリスマス時期によく見られるが、早めに開花および苞葉の色彩を変化させるためには、温室内での日長処理(短日処理)が必要になる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。