金縷梅(まんさく)初春

【子季語】
金縷梅の花、きんろばい、ぎんろばい
【解説】
マンサク科の落葉樹。春一番に咲くというので「まず咲く」が訛ってマンサクになった。山地に自生するが、庭木にもする。花は黄色、又は赤の細長い花弁で、ねじれた紐のような咲き方をする。地味だが、早春の象徴的な花である。

まんさくや鯉重なりて山泉
森澄雄 「浮鷗」

コメントは受け付けていません。